音楽配信するなら 音楽サイトitadaki
ようこそ、ゲスト
音楽サイトitadakiは、PC/携帯/スマートフォンで同様のコンテンツが楽しめます。
優勝者特集!!

今回のitadakiグランプリは全国から参加したアーティストのジャンルの多さが特徴的で、
その異種格闘技戦ともいえる今大会は激しいバトルとなりました!
その中で、千葉県出身、東京を本拠地に全国で活動をしている「DOACOCK」が
投票と楽曲ダウンロードで最もポイントを多く獲得し、見事グランプリを制覇!

そのDOACOCKメンバーを代表してYuya(Dr)さんにインタビューです。

激戦を制し17代目のグランプリに輝いたDOACOCK。ドラムのYuyaさんにお話しを伺いました!

優勝おめでとうございます!! 優勝が決まった瞬間はいかがでしたか?

ありがとうございます、数えきれないくらい多くの人から「グランプリ獲得おめでとう!」とお祝いの言葉を!
結果発表の15:00にメンバーは一緒にいなかったんですけど、その後それぞれのツイッターとかで喜びを爆発させていて。本当に嬉しかったです!

拝見しました、最後まで告知とお願いをし続けた真摯な姿勢が優勝という結果に繋がりましたね。
今回参加を決意された動機やきっかけはどのようなものだったのですか?

ボーカルの7110君が「itadakiGPという面白そうなのがあるよ」って教えてくれたんですよ、それまでGPのことは知らなくて。
で、サイトみたら仙台の「おひつじ座流星群」が前々回大会のGP優勝を獲得していて。
彼らがカッコいいバンドだってことは知っていました。

第15回itadakiGP優勝の「おひつじ座流星群」さんも、実力派のバンドですよね。

はい、好きなバンドが参加しているイベントってなんか興味あるじゃないすか。しかも…賞金10万円!!(笑)。これは獲りにいくしかねーなと。
あ、完全に賞金狙いみたいな感じになってますけど、それだけじゃありませんからね(笑)。企画内容もリスナーと一緒に楽しめるステキな大会だなと思いました。

ありがとうございます。グランプリ開催中に心がけていた事や感じた事は?

これは、前々回優勝のおひつじ座流星群のみなさんも仰ってたんですが、もうありとあらゆる友達に投票とダウンロードをお願いしまくりました。友人もさることながら、僕の場合は奥さんとかにもお願いして、奥さんの職場の方とか、僕の息子のサッカーチームのコーチの方々とかにも(笑)。
コーチ陣のLINEのグループがあって、もう僕なんかより数段ご年配の方々とかもいらっしゃるんですが、なりふり構わずそこでお願いしたりして、とりあえずポイントを重ねることに必死でした。

最初たしかRANK8くらいの時、どんどんポイントが加算されていって嬉しかったんですけど、心のどっかで、「みんな、投票もいいけどダウンロード!!」って思っていました。だってポイント高いんですもん(笑)。


確かに(笑)。グランプリ参加中の周囲の反応や、その時の心境はいかがでしたか?

いろいろな人から「いい曲やってるねー」とか「頑張ってねー」とか激励されました。「大丈夫!優勝できるよ!」といういろいろな方々から激励も受けて、「ああ、うちら支えられてんなー。幸せだなぁ。」って思っていました。

ただウチの奥さんに「大丈夫かな?優勝できるかな?」としつこく言っていたら、「なるようにしかならないから!」って若干キレ気味で言われました。
女の人は強いっすね(爆)。

そこは…、ノーコメントで(笑)。

あと、普段連絡をとらないような人からも連絡がきました。「おー、ユーヤ。何年振り〜?」的な。他には息子のサッカーチームのママさん達が、「今度ライブ行きたいんだけど、チケットあります?」みたいな、実際のライブにも繋がるようになりました。
ちなみにママさん達は何十年か振りのライブだそうで(笑)、ほんとにありがたいです!

実際のライブに繋がったのはitadakiとしても嬉しいですね!そして皆の頑張りがどんどん周囲に認められて行ったと…

はい、もうかれこれ16年くらいこのバンドをやってるのですが、今までやってきたことが間違ってなかったなぁと再認識できた気がしてそれは嬉しかったです。


途中からある程度差がついて、RANK1をキープし続けてはいたんですが、内心、追いつかれたらどうしよう、的な焦りは正直ありました。でもいい曲は「最後は勝つ!」と信じていましたし、もうやるべきことはやった感もあったので、若干神頼み的なところはあったかな。

ただ、楽曲のダウンロードを会社の人、親戚のおじさんおばさんに念を押しました。

その念押しが最終的に効きましたね。それでは最後に、これからの目標を教えて下さい!

ライブ会場で販売するgoodsをリニューアルしたいと思っていますが、作りたいものがありすぎて大変です(笑)。
そして活動の目標としてはやっぱりフェスに出たいですね!フジロックとかサマソニとか。より多くのみなさんにこんないいバンドがいるんだと伝えたいと思っております!そして、みなさんと一緒に美味しいBEERを飲みたいです。あ、BEERのCMのタイアップとかも是非やってみたいなー!自称、日本一BEERが似合うバンド目指してますから(笑)。

そうなんですね、是非一つ一つ実現されていく所を見てみたいです!先ずは日本一のビアバンドですね(笑)。
ではこれからもDOACOCK SOUNDSでたくさんのファンやリスナーを楽しませて下さい。
第17回itadakiGPの優勝、本当におめでとうございました!

ありがとうございました!


『聴くもの全てをハッピーにする型にハマらないスタイル』でオーディエンスを魅了し続けているSka・Rock・Punkな4Pieces BAND。全国各地のDJイベントや野外フェスからオファーを受けるほど、人気・実力共に証明されており、思わず踊り出したくなるシンプルでリズミカルなパーティーチューンは、ジャンルも場所も全てを越えたワクワクの連鎖を巻き起こします♪
『音を楽しむこと』を最も素直に表現した、心も身体も温めるDOACOCKのGroovy Sound!Check this out!!!

イベント概要

第17回itadakiグランプリとは、docomo/au/SoftBankの公式音楽サイトitadakiで開催される投票及びダウンロードランキングバトルです。
10位以内の入賞者で希望される方には、大手レーベルに紹介プレゼンさせていただきます。優勝者にはCD1000枚プレスか賞金10万円をプレゼント!また、第17回itadakiグランプリ参加曲をダウンロードしたリスナーの方にも、抽選で景品をプレゼントさせていただきます!
あなたにとって、音楽をより楽しむためのステージにしてください。

優勝者賞品・リスナープレゼント詳細

[ 協力 ]
  • 株式会社ヤマハミュージックパブリッシング
  • エイベックス・アーティストアカデミー福岡校
  • ユニバーサルミュージック合同会社 Universal Connect

イベントルール

アーティストへのダウンロードと投票によるランキングポイントの合計で競われます。 2016/1/21 (Thu) 11:00~2/4 (Thu) 14:00迄に、最も多くのランキングポイントを獲得したアーティストがグランプリ勝者となります!

<ランキングポイントについて>

  • 投票(無料)されると…1pt(1アーティストにつき1日1回有効)
  • ショート楽曲をDL(有料)されると…10pt(1アーティストにつき1回有効)
  • フル楽曲をDL(有料)されると…30pt(1アーティストにつき1回有効)

後援

  • FBS FBS福岡放送
  • RKB RKB毎日放送
  • 西日本新聞社
  • 読売新聞社
  • LOVE FM

協賛

  • 株式会社キヨトク
  • 日々のてまひま(株式会社ふくしごと)
  • NINDO
  • 株式会社鬼が島本舗
  • 有限会社識名酒造
  • 佐賀の酒蔵の蔵 旭屋
  • 株式会社グローバルセレクション

※協力/後援/協賛の記載順は、順不同となっております。

itadakiグランプリガイドライン

本ガイドラインは、itadakiグランプリに参加されているアーティストの方、参加アーティストの関係者の方、ファンやリスナーの方、音楽サイトitadakiの利用者の方にとって、itadakiグランプリというイベントが「よい記憶」となるように、マナーの目安として定めたものです。内容は、以下の4項になります。

  1. 他者の誹謗中傷に繋がるようなことは控えるようにお願いします。
  2. メールやブログ、掲示板を利用した広報広告活動をする場合は、受け取り手の方やサイト管理者の方に、迷惑と思われてしまうようなことは控えるようにお願いします。
  3. 他者に金品を渡し、直接ダウンロードをしてもらう行為は控えるようお願いします。
  4. 精力的に活動することは、音楽を本当に楽しむという意味でとても大事なことではありますが、他者を強制したり、強要するようなことは控えるようにお願いします。

音の楽しみかたは、人それぞれだと思います。
itadaki事務局では、その、それぞれの全てを尊重したいと考えておりますが、皆様が自己責任の上で、よりよい行動を選択されることが前提でもあります。皆様の音楽生活がますます楽しくなるように当局もがんばっていきますので、ご協力をお願い致します。

2015年10月9日 音楽サイトitadaki
「itadakiグランプリ」は公式音楽サイトitadakiの特設ステージで公開中です。
主催:音楽サイトitadaki
Copyright itadaki Committee in studio COLK. All Rights Reserved.